著作権法がソーシャルメディアを殺す 電子書籍 販売 ブックライブ 試し読み

著作権法がソーシャルメディアを殺すブックライブ無料試し読み&購入


津田大介氏推薦!――「クールジャパン」関係者は全員本書を読んで猛省せよ! ツイッターで歌詞をつぶやくと有料、違法ダウンロードで2年以下の懲役か200万円の罰金、パロディ作品は認めない――ますます強化される日本の著作権法。いかにも権利者を保護する良法のようだが、じつはそんな単純なものではない。利用目的が公正であれば許諾はいらない「フェアユース」や「フェアディーリング」。この考え方こそ世界のトレンドなのである。日本は大きく遅れていると言わざるをえない。 グーグル、ヤフー、ユーチューブ、フェイスブック、クラウド……日本からこうした画期的な新サービスが育たないのは、じつは当然なのだ。検索サービスひとつとっても、事前許諾を要求する著作権法が壁になり、サービスの充実が図れないのだから。 何より日本の著作権法は、こうしたソーシャルメディアを通じてだれもがコンテンツを発表する時代にありながら、私たちユーザーの眠れる意欲と創造力を破壊しているのだ。文化保護どころか、文化破壊の悪法なのである。 その背後に潜むのが、立法・行政・司法と業界がつるんだ“著作権ムラ”。ここでも既得権は守られる。本書は彼らの正体と横暴を告発し、世界標準の法改正の必要性を提言する。
続きはコチラから・・・



著作権法がソーシャルメディアを殺す無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪

著作権法がソーシャルメディアを殺す

「公式」はコチラから



著作権法がソーシャルメディアを殺す


>>>著作権法がソーシャルメディアを殺すの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


著作権法がソーシャルメディアを殺す、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
著作権法がソーシャルメディアを殺すを始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で著作権法がソーシャルメディアを殺すを楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で著作権法がソーシャルメディアを殺すの購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で著作権法がソーシャルメディアを殺すが安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、著作権法がソーシャルメディアを殺す以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


「電子書籍に抵抗がある」という人も多々ありますが、一度でもスマホを介して電子書籍を閲覧したら、その気軽さや決済のしやすさからドハマりする人が珍しくないとのことです。
サービスの具体的な中身に関しては、会社によってまちまちです。ですから、電子書籍を何所で購入するかというのは、比較するのが当たり前だと言えるのではないでしょうか?軽々しく決めるのはよくありません。
BookLive「著作権法がソーシャルメディアを殺す」を堪能するなら、スマホが役立ちます。重たいパソコンなどは持ち歩くことができませんし、タブレットもバスや電車などの混雑した中で読むという際には、大きすぎて使えないと想定されるからです。
無料アニメ動画に関しては、スマホでも見ることができます。ここに来て中高年層などのアニメ愛好家も増加しているという状況なので、今後尚更規模が拡大されていくサービスではないかと思います。
無料電子書籍を利用すれば、突然アポイントがなくなってしまっても、時間を無為に過ごしてしまうということがなくなるでしょう。シフトの合間や通勤途中などにおいても、十分に楽しむことができると思います。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


本を買う代金は、1冊1冊の購入代金で見ればそんなに高くないですが、何冊も購入すれば毎月の利用料金は高くなります。読み放題だったら利用料が定額のため、支払を抑えられます。
読み放題プランというシステムは、電子書籍業界においてはそれこそ画期的とも言える取り組みなのです。利用者にとっても著者サイドにとっても、良い面が多いと高く評価されています。
書籍全般を入手するときには、ページをめくって確かめてから決定する人が殆どです。無料コミックなら、立ち読みと同じ感覚で内容を閲覧することができるというわけです。
「外出先でも漫画を楽しみたい」とおっしゃる方に最適なのが電子コミックだと思います。漫画を携帯することが不要になり、荷物そのものも減らせます。
無料電子書籍を読むことにすれば、何もする予定がなくて時間が余って仕方ないということがなくなるでしょう。お昼休みや電車やバスでの移動中などにおきましても、十分に楽しめます。





著作権法がソーシャルメディアを殺すの概要

                              
作品名 著作権法がソーシャルメディアを殺す
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
著作権法がソーシャルメディアを殺すジャンル 本・雑誌・コミック
著作権法がソーシャルメディアを殺す詳細 著作権法がソーシャルメディアを殺す(コチラクリック)
著作権法がソーシャルメディアを殺す価格(税込) 699円
獲得Tポイント 著作権法がソーシャルメディアを殺す(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ