災害に強い社会をつくるために:科学の役割・大学の使命 電子書籍 販売 ブックライブ 試し読み

災害に強い社会をつくるために:科学の役割・大学の使命ブックライブ無料試し読み&購入


科学者は信ずるに足りないか。大学に何ができるか。大津波と原発事故に直面した、災害社会学・原子力工学・公共哲学・防災工学の代表的研究者たちが、自らを厳しく見つめ、減災と危機復元力のために何が必要なのかを考える。危機の時代に、学問と大学の使命を問い直す、すべての人々へのメッセージ。第I部 《震災後》に研究者として考えたこと地域社会学・災害社会学の視点から                   浦野正樹地域の脆弱性を見つめ復元=回復力を強める 1 東日本大震災の波紋――過疎・高齢化社会に投げかけられた課題 2 「想定外」の災禍を生きる? 3 リスクの可視化と解読/リスク分配の公平姓――社会的な判断プロセス 4 地域自治と地域での判断軸――地域の存続をかけた問い 5 災害研究の位相――脆弱性と復元=回復力概念への着目 6 復元=回復力概念の射程と意義――災害の脆弱性パラダイムの深化エネルギー・原子力工学の視点から                   岡 芳明エネルギー問題と福島事故の教訓 1 エネルギー利用の歴史―化石燃料が主要なエネルギー源、エネルギーは社会の血液 2 エネルギー・セキュリティー―エネルギー問題は甘くない、つねに戦争/紛争要因 3 地球環境問題 4 電気エネルギー 5 福島事故の教訓 6 原子力教育 7 原子力安全の科学的知見の探求と原子力規制専門家の育成 8 まとめーーエネルギー問題は冷静に多面的に考えよう公共哲学・経済政策学の視点から                   鈴村興太郎危機管理への合意形成を求めて 1 政治主導の危機管理の試金石 2 学術コミュニティが直面した試練 3 人文学、社会科学が危機管理の制度設計に貢献する水路は何か 4 漂着点の現状評価防災工学・土木工学の視点から                    濱田政則耐津波学の確立と防災社会の再構築 1 地震・津波予知の失敗とその後の混迷 2 耐津波学の構築と津波対策の推進 3 世界的な自然災害の多発と災害軽減への取り組み第II部 〈未来〉のために研究者・大学は何をなすべきか問題提起                               鎌田 薫四教授のメッセージをいかに受け止めるか 1 科学の失敗と専門家への不信 2 社会システムの脆弱性 3 総合的研究機構としての大学の役割 4 次代を担う人材の育成 5 社会に・世界に開かれた大学の条件ディスカッション                  コーディネーター  鎌田 薫災害に強い社会へ――科学の役割・大学の使命                討論者  鈴村興太郎・浦野正樹・濱田政則・岡芳明
続きはコチラから・・・



災害に強い社会をつくるために:科学の役割・大学の使命無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪

災害に強い社会をつくるために:科学の役割・大学の使命

「公式」はコチラから



災害に強い社会をつくるために:科学の役割・大学の使命


>>>災害に強い社会をつくるために:科学の役割・大学の使命の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


災害に強い社会をつくるために:科学の役割・大学の使命、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
災害に強い社会をつくるために:科学の役割・大学の使命を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で災害に強い社会をつくるために:科学の役割・大学の使命を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で災害に強い社会をつくるために:科学の役割・大学の使命の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で災害に強い社会をつくるために:科学の役割・大学の使命が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、災害に強い社会をつくるために:科学の役割・大学の使命以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


漫画や小説などを買い揃えていくと、やがて収納しきれなくなるという問題にぶつかります。だけれどBookLive「災害に強い社会をつくるために:科学の役割・大学の使命」であれば、どこへ収納するか悩むことは一切ないので、狭い部屋でも気にすることなく楽しむことが可能なのです。
書籍を多数読むという方にすれば、次々に買うというのは金銭的な負担も大きいのではないでしょうか?だけど読み放題を利用すれば、書籍購入代金を節約することが可能です。
ここ最近、電子書籍業界では価格破壊的な「読み放題」というプランが提供され人気沸騰中です。1冊単位でいくらというのではなく、月極めいくらという徴収方法になっているわけです。
無料電子書籍をDLすれば、仕事などでアポキャンを喰らっても、空き時間を持て余すなんてことが皆無になります。仕事の空き時間とか通学時間などにおきましても、存分に楽しめると思います。
「電子書籍が好きじゃない」というビブリオマニアも稀ではないようですが、一度でもスマホを介して電子書籍を閲覧してみたら、その扱いやすさや決済の簡便さからヘビーユーザーになる人が多いようです。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


利益が発生しない無料漫画を敢えて提示することで、利用者数を引き上げ売上増加へと繋げるのが事業者サイドの狙いということになりますが、逆の立場であるユーザー側にとっても試し読みできるので、購入の判断がしやすくなります。
電子コミックがアダルト世代に根強い人気があるのは、小さかった頃に何遍も読んだ漫画を、再度手間もなく味わえるからだと言えます。
スマホを利用しているなら、電子コミックを時間に関係なく読めるのです。ベッドに横たわりながら、眠くなるまでのリラックスタイムに楽しむという人が多いようです。
愛用者が速いペースで増えてきているのが評判のコミックサイトです。数年前までは「形が残る単行本で買うのが良い」という人が多かったのですが、手軽な電子書籍として買って堪能するという人が増加しつつあるのです。
「話の内容を知ってからでないと不安だ」という考えを持っている方にとって、無料漫画と申しますのは文句のつけようがないサービスだと考えられます。販売者側からしても、新規ユーザー獲得が望めます。





災害に強い社会をつくるために:科学の役割・大学の使命の概要

                              
作品名 災害に強い社会をつくるために:科学の役割・大学の使命
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
災害に強い社会をつくるために:科学の役割・大学の使命ジャンル 本・雑誌・コミック
災害に強い社会をつくるために:科学の役割・大学の使命詳細 災害に強い社会をつくるために:科学の役割・大学の使命(コチラクリック)
災害に強い社会をつくるために:科学の役割・大学の使命価格(税込) 648円
獲得Tポイント 災害に強い社会をつくるために:科学の役割・大学の使命(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ