ソクラテスの弁明 電子書籍 販売 ブックライブ 試し読み

ソクラテスの弁明ブックライブ無料試し読み&購入


ソクラテスの生と死は、今でも強烈な個性をもって私たちに迫ってくる。しかし、彼は特別な人間ではない。ただ、真に人間であった。彼が示したのは、「知を愛し求める」あり方、つまり哲学者(フィロソフォス)であることが、人間として生きることだ、ということであった。(「訳者あとがき」より)。ソクラテスの裁判とは何だったのか?プラトン対話篇の最高傑作、ついに新訳で登場!
続きはコチラから・・・



ソクラテスの弁明無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪

ソクラテスの弁明

「公式」はコチラから



ソクラテスの弁明


>>>ソクラテスの弁明の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


ソクラテスの弁明、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
ソクラテスの弁明を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境でソクラテスの弁明を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格でソクラテスの弁明の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定でソクラテスの弁明が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、ソクラテスの弁明以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


入手してから「期待していたよりも面白くなかった」というケースであっても、書籍は返品が認められません。しかし電子書籍ならあらかじめ試し読みができるので、それらを予防できます。
電子書籍というものは、気が付いたころには支払が高額になっているということが十分あり得るのです。対して読み放題というものは月額料が決まっているので、どれだけDLしたところで利用代金がすごい金額になる可能性はゼロなのです。
移動中も漫画に熱中したいといった人にとって、BookLive「ソクラテスの弁明」ほど役立つものはないのではと思います。1台のスマホを持ち運ぶだけで、余裕で漫画をエンジョイできます。
「比較は一切せずに決定した」というような方は、無料電子書籍はどこも同じようなものという考えでいるのかもしれないですが、サービスの内容は各社それぞれ異なりますから、しっかりと比較することは必須だと思います。
いつも持ち歩くスマホに漫画を全部収納するようにすれば、保管場所について気にすることは不要になります。初めは無料コミックからスタートしてみることをおすすめします。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


「並んでいるタイトル全てが読み放題であれば、どれほどにいいだろう」という利用者の声からヒントを得て、「月に決まった額を払えば1回1回の支払いは不要」というスタイルの電子書籍が誕生したわけです。
無料電子書籍を活用するようにすれば、時間を割いて書店まで行って中身をチラ見する手間は一切なくなります。そういったことをせずとも、電子書籍の「試し読み」で中身の下調べができてしまうからなのです。
漫画本というのは、読み終わったのちにブックオフといった古本買取専門店に買ってもらおうとしても、金額は殆ど期待できませんし、もう一度読み返したいと思ったときに読めません。無料コミックなら、置き場所はいらないから片付けに困ることはありません。
一日一日を大切にしたいのであれば、空き時間を如才なく活用することが大切です。アニメ動画の視聴くらいは移動の真っ最中でもできますから、こうした時間を有効利用する方が良いでしょう。
このところ、電子書籍業界では革新的な「読み放題」というサービスが提供され人気沸騰中です。1冊いくらというのではなく、月々いくらという徴収方法になっているわけです。





ソクラテスの弁明の概要

                              
作品名 ソクラテスの弁明
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
ソクラテスの弁明ジャンル 本・雑誌・コミック
ソクラテスの弁明詳細 ソクラテスの弁明(コチラクリック)
ソクラテスの弁明価格(税込) 918円
獲得Tポイント ソクラテスの弁明(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ