財務省の逆襲―誰のための消費税増税だったのか 電子書籍 販売 ブックライブ 試し読み

財務省の逆襲―誰のための消費税増税だったのかブックライブ無料試し読み&購入


「経済ニュース」にだまされるな! 2014年4月、消費税が5%から8%に引き上げられます。「日本経済は15年に及ぶデフレからようやく脱出しようとしている『病み上がり』の状態であり、ここで増税するのは、経済に悪影響を与える」という反対の声を押し切っての消費税増税です。財務省はなぜ、これほどまで強固な「増税路線」を進めることができたのか。ほとんどのマスコミも経済学者も増税翼賛路線に乗せられているのはなぜなのか。それは、財務省支配が政界やマスコミは言うに及ばず、学界にまで浸透しているからです。 しかも財務省は、決して財政再建のために消費税を増税したいわけではありません。財務省にとって関心があるのは、ただ「歳出権の拡大」です。財務省は、財政再建にも、日本経済のデフレ脱却にも関心はなく、ただ自分たちの権益を最大化することだけに邁進している集団だと、高橋氏は断言します。 なぜそのように言い切ることが可能なのか。財務省はどのようにして、政界もマスコミも学界も、自分たちの意のままに操っているのか。財務省支配のもたらす災禍とは何か、この支配を打破する方策はあるのか。 ベストセラー『さらば財務省』で知られる異色の元財務官僚、霞が関のすべてを知り尽くした高橋洋一氏が、財務省支配の秘密をわかりやすく解説します。
続きはコチラから・・・



財務省の逆襲―誰のための消費税増税だったのか無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪

財務省の逆襲―誰のための消費税増税だったのか

「公式」はコチラから



財務省の逆襲―誰のための消費税増税だったのか


>>>財務省の逆襲―誰のための消費税増税だったのかの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


財務省の逆襲―誰のための消費税増税だったのか、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
財務省の逆襲―誰のための消費税増税だったのかを始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で財務省の逆襲―誰のための消費税増税だったのかを楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で財務省の逆襲―誰のための消費税増税だったのかの購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で財務省の逆襲―誰のための消費税増税だったのかが安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、財務省の逆襲―誰のための消費税増税だったのか以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


ユーザー数が急に増加しているのがBookLive「財務省の逆襲―誰のための消費税増税だったのか」です。スマホで漫画をエンジョイすることが可能なわけですから、大変な思いをして本を持ち歩く必要もなく、手荷物が軽減できます。
読み放題プランという仕組みは、電子書籍業界でしか実現不可能な全くもって革新的な挑戦になるのです。利用者にとっても作家サイドにとっても、プラスの面が多いと考えられます。
1ヶ月分の月額料を払ってしまえば、多岐にわたる書籍を何冊でも読めるという読み放題プランが電子書籍で大人気です。1巻ずつ購入する手間暇が不要なのが人気の理由です。
アニメ動画というものは若者のみに向けたものだと考えるのは早計です。中高年が見ても凄いと思えるコンテンツで、心を打つメッセージ性を持ったアニメも多々あります。
1巻ずつ本屋で購入するのは面倒臭いです。ですが、大人買いは内容に不満が残った時にお財布へのダメージが半端ないです。BookLive「財務省の逆襲―誰のための消費税増税だったのか」は都度買うことができるので、その点安心です。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


空き時間を楽しくするのに適したサイトとして、支持されているのが、漫画サイトと呼ばれるものです。お店で漫画を買う必要はなく、たった1台のスマホでいつでも読めるという所がメリットです。
無料電子書籍さえあれば、仕事などでアポキャンを喰らっても、時間つぶしが難しいということがなくなるのではないでしょうか?ランチ休憩や移動中の暇な時間などでも、存分に楽しめること請け合いです。
電子コミックが大人に評判が良いのは、まだ小さかった時に繰り返し読んだ作品を、再度簡単に読むことができるからだと思われます。
小学生だった頃に読みふけった懐かしさを感じる漫画も、電子コミックという形で閲覧できます。小さな本屋では購入できない作品も数多く見受けられるのが人気の理由です。
コミック本というものは、読みつくしたあとにBOOKOFFなどの本買取店に売ろうとしても、ほとんどお金にならないと言えますし、再び読みたくなったときに困ることになります。スマホで使える無料コミックなら、収納場所も不要なので片付けに困るというようなことが皆無です。





財務省の逆襲―誰のための消費税増税だったのかの概要

                              
作品名 財務省の逆襲―誰のための消費税増税だったのか
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
財務省の逆襲―誰のための消費税増税だったのかジャンル 本・雑誌・コミック
財務省の逆襲―誰のための消費税増税だったのか詳細 財務省の逆襲―誰のための消費税増税だったのか(コチラクリック)
財務省の逆襲―誰のための消費税増税だったのか価格(税込) 1296円
獲得Tポイント 財務省の逆襲―誰のための消費税増税だったのか(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ