宗教とカネ 電子書籍 販売 ブックライブ 試し読み

宗教とカネブックライブ無料試し読み&購入


日本のタブーの中のタブーな領域 『 宗教とカネ 』集金システム、蓄財、運用 ―――新宗教13教団と切っても切り離せないカネの話こんな人に読んでいただきたい!● 宗教とお金の怪しい関係を知りたい方● 仕事・プライベートでたくさんの人と出会いがある方● 親や友人が宗教に入ってどうしようかと困っている方あなたの知らない宗教がここにあります。目次を見ていただければ理解していただけると思います。■目次はじめに宗教とカネ 序論●1章 創価学会・カネ集めの工夫を怠った旧仏教・巨万の富を生み出す墓苑事業と聖教新聞・財務と供養・長者番付が明らかにした池田の年収・学会のアキレス腱とは●2章 生長の家・大本教で学んだ出版ビジネス・1300万部を売り上げた大ベストセラー●3章 崇教真光・選挙対策・分派して成功した数少ない教団●4章 世界真光文明教団・ユートピアが巻き起こした一大騒動・【コラム】古くからある寺社はカネ儲けがヘタ・農地解放により生まれた経済格差・データが示す伝統寺院の悲惨な台所事情●5章 幸福の科学・大きな資金源である本の売り上げ・高学歴信者の自尊心をくすぐる集金システム●6章 天理教・戦中に蓄財、中には国宝級のお宝も・鉄道ファン垂涎の貸し切り列車・かつてあびた搾取の教団と言う非難●7章 霊友会・教団を揺るがした金塊事件・教祖の指示で赤い羽根街頭募金を着服●8章 立正佼正会・ゆりかごから墓場まで、充実した関連施設・団体・きっかけは読売新聞のネガティブキャンペーンだった●9章 世界基督教統一神霊教会(統一教会)・巷間噂される統一協会と政治家との関係・統一教会がカネ集めに走る理由●10章 真如苑・金満教団と大手銀行の蜜月・急成長の秘密は専従職員の少なさにあり・ボランティアが富を生み出す接心システム・控えめな信者数申告と寄付の廃止・公益性のアピールと信者獲得・【コラム】教団が売る珍グッズ・たくみな現世利益の現金化・ほとんどの収益事業を営むことができる●11章 阿含宗・超能力で金集め・護摩木を元手に海外進出●12章 エホバの証人(ものみの塔聖書冊子教会)・巨大な出版集金システム●13章 パーフェクトリバティ教団(PL教団)・人生は芸術であり、一生は自己表現である・ゴルフ場に遊園地、病院まで・世界的に有名なPL花火大会■著者 山田直樹
続きはコチラから・・・



宗教とカネ無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪

宗教とカネ

「公式」はコチラから



宗教とカネ


>>>宗教とカネの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


宗教とカネ、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
宗教とカネを始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で宗教とカネを楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で宗教とカネの購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で宗教とカネが安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、宗教とカネ以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


読み放題サービスというのは、電子書籍業界においては間違いなく画期的なトライアルです。買う方にとっても作家サイドにとっても、利点が多いと言っていいでしょう。
書籍の販売低迷が嘆かれる昨今、電子書籍は新たな仕組みを導入することにより、新規登録者を飛躍的増加させているのです。昔は考えられなかった読み放題という販売方法がそれを成し得たのです。
漫画が大好きな人にとって、収蔵品としての単行本は値打ちがあると思いますが、手軽に楽しみたいという人の場合は、スマホで楽しむことができるBookLive「宗教とカネ」の方がおすすめです。
膨大な数の人が無料アニメ動画を見ています。空き時間とか通勤途中の時間などに、手早くスマホで堪能することができるというのは嬉しい限りです。
CDをちょっとだけ聞いてから購入するように、漫画も試し読みしたのち買い求めるのがきわめて一般的になってきたと言って間違いありません。無料コミックサイトを活用して、読みたいコミックを見つけ出してみてはいかがですか?



BookLive!(ブックライブ)あるある2


漫画サイトを積極的に使えば、自宅に本の収納場所を作る必要は皆無です。新刊が出たからと言って書店に足を運ぶ手間を省くこともできます。こういった理由から、使用者数が増加傾向にあるのです。
「出版されているすべての漫画が読み放題だったら、どんなに楽しいだろう」という利用者の声を元に、「月に決まった額を払えば毎回の支払いはいらない」という形の電子書籍が考えられたのです。
コミックサイトは沢山あります。それらのサイトをしっかり比較して、自分に合っているものをセレクトするようにしましょう。そうすれば良いサイトに巡り合うことができると思います。
「アニメにつきましては、テレビ番組になっているもの以外見ていない」というのは時代遅れな話だと言わざるを得ません。その理由としては、無料アニメ動画などをネットで楽しむというパターンが浸透しつつあるからです。
電子書籍のデメリットとして、いつの間にやら支払が高額になっているということが十分考えられます。一方で読み放題であれば毎月の支払が決まっているので、どんなに読んだとしても利用代金がすごい金額になるという心配がありません。





宗教とカネの概要

                              
作品名 宗教とカネ
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
宗教とカネジャンル 本・雑誌・コミック
宗教とカネ詳細 宗教とカネ(コチラクリック)
宗教とカネ価格(税込) 648円
獲得Tポイント 宗教とカネ(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ