透明な一日 電子書籍 販売 ブックライブ 試し読み

透明な一日ブックライブ無料試し読み&購入


十四年前に発生した連続放火事件。その中で能勢幸春と竹島千鶴はそれぞれの母を失った。後に再会した二人は交際を始め、千鶴が妊娠、幸春は結婚の承諾を得るため千鶴の父・久信に会いに行くが、久信は交通事故で記憶障害──前向性健忘に陥り、事故以来六年もの間毎日同じ日を繰り返していた。対面の数日後、幸春の知人で放火事件の関係者でもあった木村泰典が、公園で頭から血を流して倒れているのを発見される。当初は強盗事件と思われたものの、悲劇はこれだけでは終わらなかった……。次第に疑心暗鬼に駆られてゆく幸春と千鶴の未来の行方は? 鬼才が放つ驚愕と感動のミステリ。
続きはコチラから・・・



透明な一日無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪

透明な一日

「公式」はコチラから



透明な一日


>>>透明な一日の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


透明な一日、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
透明な一日を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で透明な一日を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で透明な一日の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で透明な一日が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、透明な一日以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


昔懐かしいコミックなど、小さな書店では取り寄せを頼まなくてはゲットできない本も、BookLive「透明な一日」という形態で様々並んでいるので、いつでも購入して読むことができます。
試し読みをして漫画のイラストや中身をチェックしてから、不安を抱えることなく購入できるというのが、Web漫画として人気のサイトのメリットです。支払いをする前に内容を知れるので失敗がありません。
退屈しのぎにベストなサイトとして、定着してきているのがBookLive「透明な一日」だと言われています。ショップで漫画を買う必要はなく、スマホでアクセスすることで好きな時に読めるというのが良い点です。
電子書籍を買うというのは、ネットを媒介に文字とか絵などの情報を手に入れるということを意味するのです。サービスが終了してしまったら利用できなくなるのは必至なので、きちんと比較してから信頼のおけるを選びましょう。
“無料コミック”を活用すれば、検討中の漫画を試し読みで閲覧することが可能です。買う前に漫画の内容をある程度確かめられるので、とても便利だと言われています。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


読了後に「考えていたよりもつまらなかった」としても、読んでしまった書籍は返品できません。だけども電子書籍なら試し読みが可能ですから、こういった状況を防ぐことができるのです。
Web上にある通販サイトでは、原則として表紙とタイトルに加え、おおよそのあらすじしか見れないのです。ですが電子コミックサイトの場合は、冒頭部分を試し読みで確認できるのです。
「本棚が漫画で溢れている状態で参っているので、購入したくてもできない」ということがありえないのが、漫画サイトが支持される理由です。どんなに数多く購入しても、保管のことを考えることはありません。
漫画本を購入すると、近い将来仕舞う場所がなくなってしまうという問題に直面します。だけども電子コミックなら、保管場所に困ることから解放されるため、楽に楽しむことができます。
1カ月分の固定料金を納めることで、色々な書籍を何冊でも閲覧することができるという読み放題プランが電子書籍で注目を集めています。毎回毎回購入せずに読めるのが一番のポイントです。





透明な一日の概要

                              
作品名 透明な一日
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
透明な一日ジャンル 本・雑誌・コミック
透明な一日詳細 透明な一日(コチラクリック)
透明な一日価格(税込) 873円
獲得Tポイント 透明な一日(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ