龍の伝説1 電子書籍 販売 ブックライブ 試し読み

龍の伝説1ブックライブ無料試し読み&購入


97年の中国返還を前にして、香港黒社会は必死で移住先を探していた。黒龍幇は東京に拠点を移すことに決め、日本最大の暴力団・鬼道会と提携を結ぶ。しかしその会議の場に突如サブ・マシンガンをもった男が現れ、両組織の幹部を皆殺しにして赤い龍を描いたカードを残して去った。その男は次に沖縄に現れ、鬼道会と敵対する天琉会に入って、大翔組を壊滅させる。謎の男の正体は、龍英傑。かつて黒竜幇に滅ぼされた紅龍幇(龍一族)の総帥たる資格の継承者だった。彼を迎えて、龍一族の黒龍幇への復讐が開始される!「龍のカード」「龍の使命」「香港からの刺客」「陰の総帥」「刺客部隊」「殺人マジック」を収録。
続きはコチラから・・・



龍の伝説1無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪

龍の伝説1

「公式」はコチラから



龍の伝説1


>>>龍の伝説1の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


龍の伝説1、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
龍の伝説1を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で龍の伝説1を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で龍の伝説1の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で龍の伝説1が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、龍の伝説1以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


その他のサービスに負けることなく、ここまで無料電子書籍が拡大している理由としては、近場の本屋が少なくなっているということが指摘されているようです。
クレジットで購入する電子書籍は、いつの間にやら購入代金が高くなっているということがあるようです。対して読み放題でしたら毎月の支払が決まっているので、どれだけDLしたところで利用代金がすごい金額になる可能性はゼロなのです。
スマホやタブレットで電子書籍を買えば、通勤中やお昼の時間など、場所に関係なく楽しむことが可能だということです。立ち読みも気軽にできるため、本屋まで出かけることは不要です。
スマホで閲覧する電子書籍は、便利なことにフォントサイズをカスタマイズすることができるため、老眼が進んでしまったおじいさん・おばあさんでも読むことができるというメリットがあるというわけです。
不要なものは捨て去るという考え方が世間一般に賛同されるようになった今の時代、漫画も冊子本という形で所持せずに、BookLive「龍の伝説1」を経由して読破する人が急増しています。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


無料電子書籍なら、手間暇かけて書店まで行って立ち読みであらすじを確認する必要が一切なくなります。そういったことをせずとも、スマホの「試し読み」で中身の確認ができてしまうからなのです。
無料コミックでしたら、買おうかどうか検討中の漫画の中身を0円で試し読みするということができるわけです。購入前にストーリーをそこそこ確認できるため、非常に人気を博しています。
コミックと言えば、「中高生向けに作られたもの」だと思っているかもしれません。だけれどこのところの電子コミックには、30代~40代の方が「昔を思いだす」と言うような作品も多く含まれます。
漫画をたくさん読みたいのなら、コミックサイトをおすすめしたいです。買うのも簡単便利ですし、最新本を買うために、その都度店頭で予約を入れるなんてことも不要になります。
「アニメについては、テレビで視聴することができるものだけ見る」というのは少し古い話だと言わざるを得ません。どうしてかと言えば、無料アニメ動画をオンラインで楽しむという形が増えつつあるからです。





龍の伝説1の概要

                              
作品名 龍の伝説1
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
龍の伝説1ジャンル 本・雑誌・コミック
龍の伝説1詳細 龍の伝説1(コチラクリック)
龍の伝説1価格(税込) 432円
獲得Tポイント 龍の伝説1(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ