弱き者の生き方 電子書籍 販売 ブックライブ 試し読み

弱き者の生き方ブックライブ無料試し読み&購入


おのれの悪を凝視し、絶望的体験の地底から恐るべき記憶と無類のユーモアを武器に、日本人再生の希望を掘り起こす、迫真のライブトーク。文学と考古学という各フィールドにおいて名声高き重鎮の二人。しかし、彼らがこれまでの命がけで歩いてきた道のりを知れば、人を「勝ち組」「負け組」などという言葉で片付けてしまうことが、いかに無意味なとこかがわかる。「平和な時代に改めて戦争の話を持ち出しても野暮だと言われることを承知の上で」、二人は重い記憶を掘り起こし、現代の私たちに問う。年間3万人もの自殺者がいて、子殺し、親殺しが跋扈する。戦争でもないのになぜ人の命はこんなにも軽くなってしまったのか。人は誰もが本質的に弱い存在である。だから自分も他人も大切にしよう、一日一日を大事に生きようと一人一人が自覚して生きていく、この自覚こそが「弱き者の生き方」なのだ。 弱き者の生き方【目次】第1章 弱き者、汝の名は人間なり 人は弱し、されど強し 虎屋の羊羹、銀座のネオンで殴られる ジェノサイド(集団殺戮)そのものの東京大空襲 生き地獄―戦友を蹴落として生き延びる 悪を抱えて生きること 語りえなかった引き揚げの真実第2章 善人なおもて往生をとぐ、いわんや悪人をや 極限状態で交錯する善と悪 二度目の撃沈と敗戦 涙の漫才修行―人生に無駄はない 日本の植民地支配の爪あと 語られない引揚者の悲劇―残留孤児と不法妊娠 右へ左へ揺さぶられ続けるのが人生第3章 心の貧しさと、ほんとうの豊かさ 肉親の死を身近に感じる大切さ お金という魔物 学内闘争でつるし上げられる わが青春の登呂遺跡発掘 人は泣きながら生まれ、時に優しさに出あう 経済的貧困と貧しさとの違い 金では買えない「誇り」を抱いて第4章 人身受け難し、いますでに受く 人生の峠道でたたずむ 人間性と謙虚さ―前田青邨先生の教え 斜陽館での一夜―師匠と弟子の『人生劇場』 赤線とドジョウすくい 想像力の欠如と「心の教育」 人間として生まれた奇跡と幸運 なぜ人を殺してはいけないのか第5章 人間は、ひとくきの葦である 「負け組」などいない 辛いことも直視する勇気をもちたい 時には黙ってただ寄り添うことも大事 潔癖すぎる現代社会 だれにでもある不安やコンプレックス 弱き者たちへ ―人は皆、それぞれの生を生きる
続きはコチラから・・・



弱き者の生き方無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪

弱き者の生き方

「公式」はコチラから



弱き者の生き方


>>>弱き者の生き方の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


弱き者の生き方、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
弱き者の生き方を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で弱き者の生き方を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で弱き者の生き方の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で弱き者の生き方が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、弱き者の生き方以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


例えば移動中などの少しの隙間時間に、無料漫画をチョイ読みして自分が好きそうな本を探し出してさえおけば、お休みの日などの時間のある時に買い求めて続きを閲読することができるわけです。
ここに来て、電子書籍業界では今までになかった「読み放題」というプランが誕生し注目を集めています。1冊ごとにいくらというのではなく、月極めいくらという販売方法なのです。
無料電子書籍さえあれば、何もする予定がなくて手持無沙汰で仕方ないなどということがなくなると思います。シフトの合間や電車での移動中などにおいても、大いにエンジョイできます。
マンガの売上は、時間経過と共に右肩下がりになっています。一昔前の営業戦略は捨てて、宣伝効果の高い無料漫画などを打ち出すことで、利用者数の増加を狙っているのです。
コミックサイトも数多くあるので、比較検討して自分の考えに合うものをピックアップすることがポイントです。その為にも、何はともあれ各サイトの利点を知ることが大事です。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


コミックのような書籍を買うという時には、数ページパラパラとチェックしてから決断するという人の方が多いと思います。無料コミックなら、立ち読みと同じ感覚で内容を閲覧することができるというわけです。
「定期的に発刊されている連載漫画を買いたい」とおっしゃる方には無用の長物かもしれません。しかし単行本になるまで待ってから閲覧するという方々からすると、事前に無料漫画で概略を確かめられるというのは、本当に有益なことだと思います。
電子コミックが親世代に評判となっているのは、幼いころに読みふけった漫画を、もう一度簡単に読むことができるからということに尽きるでしょう。
誰でも無料漫画が読めるということで、ユーザー数が増すのは当たり前のことです。お店とは異なり、他人の視線を気にすることなく立ち読みすることができるのは、電子書籍ならではの特長だと思います。
スマホの利用者なら、スグに漫画を読むことが可能なのが、コミックサイトの便利なところです。1冊1冊で買うスタイルのサイトや毎月固定料金のサイトなど様々あります。





弱き者の生き方の概要

                              
作品名 弱き者の生き方
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
弱き者の生き方ジャンル 本・雑誌・コミック
弱き者の生き方詳細 弱き者の生き方(コチラクリック)
弱き者の生き方価格(税込) 594円
獲得Tポイント 弱き者の生き方(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ