紙の眼 電子書籍 販売 ブックライブ 試し読み

紙の眼ブックライブ無料試し読み&購入


通り魔事件にざわめく街に増殖する、眼が描かれた貼り紙――主人公の「彼」は、ある朝、勤務先の入り口脇に眼が描かれた貼り紙を見つける。その奇妙な紙は、しだいに街中に増殖していく。一方で、「彼」は日常生活を盗撮された写真を誰かから送りつけられるようになる。連続して起こる通り魔事件と、「彼」を苦しめる盗撮写真や貼り紙に描かれた眼とは関係が?――都市生活者の不安を捉えた表題作ほか、書下ろし短編5編を収録。
続きはコチラから・・・



紙の眼無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪

紙の眼

「公式」はコチラから



紙の眼


>>>紙の眼の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


紙の眼、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
紙の眼を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で紙の眼を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で紙の眼の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で紙の眼が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、紙の眼以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


漫画が好きな事を内緒にしておきたいと言う人が、このところ増えているようです。室内には漫画を持ち込みたくないと言われる方でも、BookLive「紙の眼」だったら人に隠した状態で漫画を満喫できます。
評判の無料アニメ動画は、スマホでも視聴可能です。近頃はアラサー、アラフォー世代のアニメ愛好家も増加しているという状況なので、これから以前にも増して進化していくサービスだと言えるでしょう。
電子書籍の人気度は、日に日に高まりを見せていると言ってもいいでしょう。こうした中で、利用者が増加しているのが読み放題というサービスになります。支払い金額を気にする必要がないのが最大の特徴と言えます。
老眼になったために、近くの文字が見えにくくなってしまったという読書が生きがいの高齢の方には、スマホ上で電子書籍を閲覧することができるようになったというのは、大いに意味のあることなのです。フォントサイズをカスタマイズできるからです。
読みたい漫画はたくさんあるけど、買ったとしても収納する場所がないという話をよく聞きます。そんな問題を回避するために、片づけを考えなくて良いBookLive「紙の眼」の利用が増えてきているのではないでしょうか。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


「どのサービスで書籍を購入することにするのか?」というのは、考えている以上に大切なことだと考えます。価格とか使い勝手などにそれぞれ特徴があるので、電子書籍と言いますのはあれこれ比較して判断しなければいけないと断言できます。
様々な本を耽読したいという読書好きにとって、あれこれ買い求めるのは金銭的負担が大きいと言って間違いないでしょう。けれども読み放題でしたら、本代を大幅に抑えることも出来なくないのです。
毎月の利用額が決まっているサイト、登録の必要なく使えるサイト、1巻単位で決済するサイト、0円の本が多数揃っているサイトなど、コミックサイトも1つ1つ違いがありますから、比較した方が良いとお伝えしておきます。
頻繁に漫画を買う人には、コミックサイトをおすすめしたいです。買うときの決済も非常に容易ですし、新しく出る漫画を手に入れたいとのことで、手間暇かけて本屋で予約を入れるなんてことも不要になります。
1冊1冊本屋で購入するのは時間がかかりすぎます。だとしても、一気に買うというのは内容がおそまつだった時の精神的なダメージが大きすぎるでしょう。電子コミックなら1冊ずつ購入できて、その点で安心できる事請け合いです。





紙の眼の概要

                              
作品名 紙の眼
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
紙の眼ジャンル 本・雑誌・コミック
紙の眼詳細 紙の眼(コチラクリック)
紙の眼価格(税込) 702円
獲得Tポイント 紙の眼(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ