テレビの「敗戦」とテレビの「復活」 電子書籍 販売 ブックライブ 試し読み

テレビの「敗戦」とテレビの「復活」ブックライブ無料試し読み&購入


Impress IT Critics?テーマごとに読み切りでわかる最新のIT動向今回のテーマは「テレビ」。地デジ移行の需要が終わった2013年現在、日本の家電メーカーは、苦境にある。そこで、常に「戦犯」として名指しされているのがテレビだ。利益を生みづらくて先行きが見えない。テレビはそういう存在になっている。その一方で、スマートテレビ、4Kといったニューキーワードも登場し、機能や利用シーンも多面化している。そしてメディアとしての影響力はまだまだ巨大だ。本書では、テレビの「今」を分析し、これからの「機器産業」と「コンテンツ産業」を考えて未来。いくつかの法則で考えていくと、意外とその未来はシンプルに見えてくる。<目次>日本のテレビは「自滅した」量販店との関係がテレビを悪くした「液晶製造」のジレンマなぜ日本メーカーはサムスン・LGに負けたのか「スマートテレビ」とはなにか「スマートビエラ」騒動の真実「ドット」を超える!? 4Kの価値多様な価値に答えるのが復活の糸口<著者プロフィール>西田宗千佳(にしだ むねちか)ジャーナリスト。1971年福井県生まれ。得意ジャンルは、パソコン・デジタルAV・家電、ネットワーク関連など「電気かデータが流れるもの全般」。主に、取材記事と個人向け解説記事を担当。Twitter:@mnishi41mnishi@mbj.nifty.com個人媒体(メールマガジン)『西田宗千佳のRandom Analysis』(月2回刊・月額420円、毎回1万字以上の書き下ろしルポを掲載。http://magon.impress.co.jp/writer/nishidamr001.html)
続きはコチラから・・・



テレビの「敗戦」とテレビの「復活」無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪

テレビの「敗戦」とテレビの「復活」

「公式」はコチラから



テレビの「敗戦」とテレビの「復活」


>>>テレビの「敗戦」とテレビの「復活」の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


テレビの「敗戦」とテレビの「復活」、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
テレビの「敗戦」とテレビの「復活」を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境でテレビの「敗戦」とテレビの「復活」を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格でテレビの「敗戦」とテレビの「復活」の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定でテレビの「敗戦」とテレビの「復活」が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、テレビの「敗戦」とテレビの「復活」以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


電子書籍も普通の本と同じように情報が商品ということになるので、気に入らなくても返金請求はできません。従いまして面白そうかをチェックするためにも、無料漫画に目を通すことが大切です。
最新刊は、ショップで少し読んで買うかを確定する人が過半数を占めます。けれど、ここ最近はBookLive「テレビの「敗戦」とテレビの「復活」」にて1巻のみ買ってみて、その書籍をDLするか判断する人が増加しています。
毎月定額料金を納めることで、色んな書籍を何冊でも読むことができるという読み放題サービスが電子書籍で話題となっています。一冊ずつ買わなくても済むのが最大の特長です。
スマホの利用者なら、スグに漫画を読むことが可能なのが、コミックサイトの便利なところです。1冊単位で購入するスタイルのサイトや月額固定性のサイトなど様々です。
BookLive「テレビの「敗戦」とテレビの「復活」」の販促戦略として、試し読みが可能というのは画期的なアイデアではないかと思います。いつでも大体の内容を確認することができるので、自由な時間を使って漫画を選べます。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


漫画や書籍を買う際には、斜め読みして内容を確認してから決断する人が殆どです。無料コミックなら、立ち読みと同じ感覚でストーリーに目を通すことができます。
漫画が好きな事を内緒にしておきたいと言う人が、近年増えていると聞きます。自室に漫画を置きたくないという事情を抱えていたとしても、漫画サイトだったら誰にも悟られずに閲覧することができます。
スマホで閲覧することが可能な電子コミックは、外出する時の荷物を少なくするのに寄与してくれます。リュックの中に重たくなる本を何冊も詰めて持ち歩くようなことをしなくても、手間なくコミックを見ることができるというわけです。
お店では、置く場所の問題で陳列できる漫画の数に制約がありますが、電子コミックではこんな類の問題がないため、一般層向けではない漫画も多いのが特徴でもあるのです。
電子書籍業界では斬新な「読み放題」というプランが登場し人気を博しています。1冊単位でいくらというのではなく、毎月いくらという販売方式です。





テレビの「敗戦」とテレビの「復活」の概要

                              
作品名 テレビの「敗戦」とテレビの「復活」
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
テレビの「敗戦」とテレビの「復活」ジャンル 本・雑誌・コミック
テレビの「敗戦」とテレビの「復活」詳細 テレビの「敗戦」とテレビの「復活」(コチラクリック)
テレビの「敗戦」とテレビの「復活」価格(税込) 540円
獲得Tポイント テレビの「敗戦」とテレビの「復活」(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ