精神科学と社会問題 電子書籍 販売 ブックライブ 試し読み

精神科学と社会問題ブックライブ無料試し読み&購入


本書には、ルドルフ・シュタイナーの「社会問題」に関する次の論文が掲載されています。「社会問題」「自由と社会」(中村康二訳)、「精神科学と社会問題」(伊藤勉訳)「社会機構の三層化」(新田義之訳)。これらはルドルフ・シュタイナーの「社会問題」に関する重要な論文です。また、「他者のための労働」と「労働と収入の分離」の原則や「社会有機体の三層化」などシュタイナーの社会思想を知るためには貴重な資料となります。シュタイナーの思想が、個人の精神性の向上や教育などだけにとどまるものではないことが本書により、きっと理解されるでしょう。しかし残念ながら、日本においても、シュタイナーに関心をよせる人たちの多くは、「私は人智学がとても気に入っている。しかし三層化については知りたいとも思わない」というような人たちである。しかしこのことの原因は、シュタイナーの人智学そのものにあるのではない。原因は、そうした人たち自身にあるのである。蟹は自分の甲羅に合わせて穴を掘るのである。それゆえ、この「精神科学(霊性の学)と社会問題」は、「諸事万端が切迫し、世界が炎に包まれ、人々が社会情勢にどう対処してよいかわからないでいる今のような時代」にとって、焦眉のテーマとならねばならないであろう。「なぜなら、個々の人間が自らを個体として感じることは、自らが全人類と結ばれていると感じることを妨げはしないからである。人類の発展において、自らが全人類の一人であることを同時に感じることがなければ、自らを個体と感じる権利は存在しない。」(シュタイナー、1922年9月29日) (編者によるあとがきより)本書は1986年5月に人智学出版社より発行された『精神科学と社会問題』を復刊したものです。復刊に際しては、発行当時の時代背景を考慮して原本をできるだけ活かすこととしましたが、編者・訳者による若干の語句の修正が行われています。
続きはコチラから・・・



精神科学と社会問題無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪

精神科学と社会問題

「公式」はコチラから



精神科学と社会問題


>>>精神科学と社会問題の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


精神科学と社会問題、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
精神科学と社会問題を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で精神科学と社会問題を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で精神科学と社会問題の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で精神科学と社会問題が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、精神科学と社会問題以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


「自室に保管しておけない」、「読んでいるんだということを悟られたくない」という漫画だったとしても、BookLive「精神科学と社会問題」を賢く利用することで近くにいる人に隠したまま満喫できます。
BookLive「精神科学と社会問題」の営業戦略として、試し読みができるというのはすごいアイデアだと思います。時間に縛られず物語の内容を閲覧できるので、ちょっとした時間を有効に使用して漫画を選択することができます。
基本的に本は返品を受け付けてもらえないので、内容を確かめてから入手したいと考える人には、試し読みで内容が確認できる無料電子書籍は予想以上に便利なはずです。漫画も同様に中身を見て買い求められます。
漫画好き人口の数は、ここ何年も少なくなっている状況です。一昔前の販売戦略にこだわらず、宣伝効果の高い無料漫画などを広めることで、新たなユーザーの獲得を目指しています。
スマホを使っている人なら、簡単にコミックを読みまくることができるのが、コミックサイトの最大の特長です。購入は1冊ずつというタイプのサイトや月極め料金のサイトなどに分類できます。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


お店では軽く読むのも後ろめたさを感じる類の漫画でも、無料漫画コンテンツが充実している電子書籍なら、好みに合うかを確かめてから購入を決断することが可能です。
詳しいサービスは、登録する会社によって異なります。だからこそ、電子書籍をどこで買い求めることにするのかは、比較検討するのが当たり前だと思います。熟考せずに決めてしまうと後悔します。
電子書籍ビジネスにはたくさんの業者が参入していますので、間違いなく比較してから「どの電子書籍を利用するのか?」を決めることが大切です。購入可能な書籍数や値段、サービス状況などを比較すると間違いありません。
電子書籍はクレカで買うので、いつの間にやら利用料が高くなっているという目にあうことがあります。しかしながら読み放題の場合は毎月の支払が決まっているので、読み過ぎても利用代金がすごい金額になる可能性はゼロなのです。
漫画をはじめとした書籍の代金は、1冊あたりの金額で見れば安いですが、沢山買えば月単位の利用料金は高くなってしまいます。読み放題を活用すれば金額が固定になるため、書籍代を節約することが可能です。





精神科学と社会問題の概要

                              
作品名 精神科学と社会問題
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
精神科学と社会問題ジャンル 本・雑誌・コミック
精神科学と社会問題詳細 精神科学と社会問題(コチラクリック)
精神科学と社会問題価格(税込) 864円
獲得Tポイント 精神科学と社会問題(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ