先細りの大衆薬 ネット解禁の勝者は?―週刊東洋経済eビジネス新書No.22 電子書籍 販売 ブックライブ 試し読み

先細りの大衆薬 ネット解禁の勝者は?―週刊東洋経済eビジネス新書No.22ブックライブ無料試し読み&購入


安倍首相の鶴の一声で、ネット販売の原則解禁が決まった大衆薬。年初の最高裁判決以来、かつてないほど大衆薬が注目されているが、当の主役は戸惑っている、といった状況だ。市場規模は1兆円を少し上回る水準で、自動車の2%程度しかなく、長期的に縮小傾向が続く。周囲が成長戦略の目玉とはやす割に元気がないのである。 最大の要因は健康食品(健食)やサプリメントとの競合だろう。「大衆薬は摂取しすぎると危ない。健食やサプリは大丈夫」。もちろんこれは事実と違う。健食、サプリが原因の健康被害もあるし、逆に取りすぎて平気なものは効能が怪しい。それでもこうした妄信は根強くある。 本書では、ネット販売に揺れる大衆薬業界の動向に加え、胃腸薬や解熱剤などのカテゴリー別の状況を詳しくまとめた。
続きはコチラから・・・



先細りの大衆薬 ネット解禁の勝者は?―週刊東洋経済eビジネス新書No.22無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪

先細りの大衆薬 ネット解禁の勝者は?―週刊東洋経済eビジネス新書No.22

「公式」はコチラから



先細りの大衆薬 ネット解禁の勝者は?―週刊東洋経済eビジネス新書No.22


>>>先細りの大衆薬 ネット解禁の勝者は?―週刊東洋経済eビジネス新書No.22の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


先細りの大衆薬 ネット解禁の勝者は?―週刊東洋経済eビジネス新書No.22、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
先細りの大衆薬 ネット解禁の勝者は?―週刊東洋経済eビジネス新書No.22を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で先細りの大衆薬 ネット解禁の勝者は?―週刊東洋経済eビジネス新書No.22を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で先細りの大衆薬 ネット解禁の勝者は?―週刊東洋経済eビジネス新書No.22の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で先細りの大衆薬 ネット解禁の勝者は?―週刊東洋経済eビジネス新書No.22が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、先細りの大衆薬 ネット解禁の勝者は?―週刊東洋経済eビジネス新書No.22以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


BookLive「先細りの大衆薬 ネット解禁の勝者は?―週刊東洋経済eビジネス新書No.22」を積極的に使えば、部屋の中に本棚を置く必要性がないのです。最新刊が発売になってもお店に通う必要もありません。このような利点から、利用する人が拡大しているのです。
本を通信販売で買う場合は、概ね表紙とタイトルにプラスして、あらすじ程度しか見ることができないわけです。だけどBookLive「先細りの大衆薬 ネット解禁の勝者は?―週刊東洋経済eビジネス新書No.22」サイトを利用すれば、冒頭部分を試し読みで確かめられます。
最近、電子書籍業界では今までとは違う「読み放題」というプランが登場し注目を浴びています。1冊いくらではなくて、ひと月いくらという料金体系を採用しているのです。
サービスの中身は、各社異なります。そういうわけで、電子書籍を何処で買うのかというのは、比較検討するのが当たり前だと言っていいでしょう。適当に決めるのは禁物です。
スマホ上で読む電子書籍は、一般的な本とは異なりフォントサイズを調整することができるため、老眼に悩むアラフォー世代以降の方でも問題なく楽しめるという特徴があるわけです。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


人がいるところでは、内容確認するのもためらいを感じる類の漫画でも、無料漫画コンテンツのある電子書籍なら、内容をきちんとチェックした上で購入することができるので安心です。
小さい時に大好きだったお気に入りの漫画も、電子コミックという形でダウンロードできます。お店では置いていない漫画も豊富にあるのが人気の理由だと言えるでしょう。
老眼が進んで、近くの物が見にくくて困っているという高齢の読書好きな方には、スマホで電子書籍が読めるというのは、ある意味革新的なことなのです。文字サイズを調節して読みやすくできるからです。
ショップでは、売り物の漫画を立ち読みさせないために、シュリンクをするというのが普通だと言えます。電子コミックを有効活用すれば冒頭を試し読みができるので、あらすじを確認してから買うことができます。
スマホ上で見る電子書籍は、一般的な書籍とは異なりフォントサイズをカスタマイズすることが可能なため、老眼で近場が見えないご高齢の方でも問題なく読めるという特性があります。





先細りの大衆薬 ネット解禁の勝者は?―週刊東洋経済eビジネス新書No.22の概要

                              
作品名 先細りの大衆薬 ネット解禁の勝者は?―週刊東洋経済eビジネス新書No.22
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
先細りの大衆薬 ネット解禁の勝者は?―週刊東洋経済eビジネス新書No.22ジャンル 本・雑誌・コミック
先細りの大衆薬 ネット解禁の勝者は?―週刊東洋経済eビジネス新書No.22詳細 先細りの大衆薬 ネット解禁の勝者は?―週刊東洋経済eビジネス新書No.22(コチラクリック)
先細りの大衆薬 ネット解禁の勝者は?―週刊東洋経済eビジネス新書No.22価格(税込) 216円
獲得Tポイント 先細りの大衆薬 ネット解禁の勝者は?―週刊東洋経済eビジネス新書No.22(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ