ケータイ 電子書籍 販売 ブックライブ 試し読み

ケータイブックライブ無料試し読み&購入


「いたいっ! いたいよー! やだ、死にたくなーい!」16歳の高校生・関口葉月のケータイに真夜中かかってきた電話は、ナイフで刺し殺される同級生の大絶叫! 女子中高生に標的を絞り、断末魔の叫び声を携帯電話越しに他人に聞かせて喜ぶ史上最悪の行為に耽る謎の連続猟奇殺人者。日本中のケータイっ子たちを恐怖のどん底に突き落とした悪魔が、ついに自分の近くまでやってきた! 葉月は親友の千春に助けを求めるが、次の生け贄はすでに葉月と定められていた!
続きはコチラから・・・



ケータイ無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪

ケータイ

「公式」はコチラから



ケータイ


>>>ケータイの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


ケータイ、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
ケータイを始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境でケータイを楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格でケータイの購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定でケータイが安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、ケータイ以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


コミックと言うと、若者の物だと考えているのではないでしょうか?だけれどここ最近のBookLive「ケータイ」には、サラリーマン世代が「青春を思いだす」と言われるような作品も山のようにあります。
BookLive「ケータイ」の販促方法の1つとして、試し読みができるという取り組みは完璧なアイデアではないでしょうか。時間に関係なくマンガの内容を読むことが可能なので、わずかな時間を有効活用して漫画選定ができます。
幼少時代に沢山読んだ昔懐かしい物語も、BookLive「ケータイ」という形でDLできます。書店では見ない漫画も揃っているのが人気の秘密なのです。
BookLive「ケータイ」のサイトそれぞれですが、丸々1巻全部を料金請求なしで試し読みできるというところも見られます。取り敢えず1巻のみ試し読みしてもらって「楽しかったら、続巻をお金を支払って買い求めてください」という販売促進戦略です。
無料漫画というのは、本屋での立ち読みと同じだと捉えられます。中身をそれなりに確かめた上で入手できるので、ユーザーも安心できるのではないでしょうか。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


購入してしまってから「自分が思っていたよりも面白さが伝わらなかった」としても、買ってしまった漫画は返品することなどできるはずがありません。ところが電子書籍なら最初に試し読みができるので、そうした状況をなくすことができるというわけです。
電子コミックのサイトにもよりますが、1巻丸々料金なしで試し読みできるというところもいくつかあります。まず1巻を読んで、「面白いと感じたのであれば、その続きを購入してください」という販促方法です。
買いたい漫画はあれこれ販売されているけど、手に入れたとしても狭くて収納できないという方もかなりいるようです。そういう背景があるので、収納場所をいちいち気にせずに済む漫画サイトを使う人が増えてきているのです。
電子書籍の注目度は、より一層高くなっているのは間違いありません。こうした中で、利用者が増加しつつあるのが読み放題というサービスだとのことです。料金の支払いを気にせず利用できるのが一番のポイントです。
無料電子書籍をDLしておきさえすれば、暇で暇で時間つぶしが難しいなんてことがゼロになるはずです。仕事の空き時間とか通勤通学時間などにおきましても、想像以上に楽しむことができると思います。





ケータイの概要

                              
作品名 ケータイ
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
ケータイジャンル 本・雑誌・コミック
ケータイ詳細 ケータイ(コチラクリック)
ケータイ価格(税込) 583円
獲得Tポイント ケータイ(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ