危険水域に入った中国経済(ニューズウィーク日本版e-新書No.10) 電子書籍 販売 ブックライブ 試し読み

危険水域に入った中国経済(ニューズウィーク日本版e-新書No.10)ブックライブ無料試し読み&購入


中国の成長神話を脅かす不安要因とは?下方修正される成長率、金融不安を引き起こす「影の銀行」――。借金漬けのまま低成長を迎えた中国経済は、すでに「危険水域」に入った!*この電子書籍は、「ニューズウィーク日本版2013年7月2日号」に掲載した特集などから記事を抜粋して編集しています。<内容>1、水増し中国経済、成長率3.6%の衝撃2、シャドーバンキングという時限爆弾3、改革の抵抗勢力、国有企業の胸算用4、成長優先で「和諧」の夢が破れるとき5、経済弱体化で中国はますます危なくなる
続きはコチラから・・・



危険水域に入った中国経済(ニューズウィーク日本版e-新書No.10)無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪

危険水域に入った中国経済(ニューズウィーク日本版e-新書No.10)

「公式」はコチラから



危険水域に入った中国経済(ニューズウィーク日本版e-新書No.10)


>>>危険水域に入った中国経済(ニューズウィーク日本版e-新書No.10)の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


危険水域に入った中国経済(ニューズウィーク日本版e-新書No.10)、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
危険水域に入った中国経済(ニューズウィーク日本版e-新書No.10)を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で危険水域に入った中国経済(ニューズウィーク日本版e-新書No.10)を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で危険水域に入った中国経済(ニューズウィーク日本版e-新書No.10)の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で危険水域に入った中国経済(ニューズウィーク日本版e-新書No.10)が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、危険水域に入った中国経済(ニューズウィーク日本版e-新書No.10)以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


退屈しのぎに持って来いのサイトとして、注目されているのがBookLive「危険水域に入った中国経済(ニューズウィーク日本版e-新書No.10)」なのです。お店に出かけて漫画を購入せずとも、たった1台のスマホで読みたい放題という部分が便利な点です。
1巻ずつ本屋で購入するのは時間の無駄遣いとなります。だけども、まとめて買うのは外れだったときのお財布への負担が大きいです。BookLive「危険水域に入った中国経済(ニューズウィーク日本版e-新書No.10)」なら個別に購入できて、その点で安心できる事請け合いです。
お金を支払う前に内容を確かめることができるのだったら、読み終わってから悔やむということがほとんどありません。本屋での立ち読みと同じように、BookLive「危険水域に入った中国経済(ニューズウィーク日本版e-新書No.10)」におきましても試し読みというシステムで、内容を確かめられます。
無料コミックなら、買うべきかどうか悩んでいる漫画の内容を料金なしで試し読みすることが可能なのです。入手前にストーリーをざっくりと読むことができるので、利用者にも大好評です。
無料コミックは、スマホがあれば読むことが可能なのです。外出中、昼休み、病院などでの順番待ちの暇な時間など、自由なタイミングで手間なしで楽しむことが可能です。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


電子書籍ビジネスにはいろんな会社が進出していますので、ちゃんと比較してから「どの電子書籍をチョイスするのか?」を決定するようにしたいものです。購入可能な書籍数や価格、サービス内容などをリサーチすると良いでしょう。
頻繁に漫画を買う人には、コミックサイトが使い勝手も良くおすすめできます。購入手続きも容易ですし、最新巻を購入したいがために、わざわざ書店で事前に予約をすることも不要になります。
電子書籍業界では今までとは違う「読み放題」というプランが提供され注目度が高くなっています。1冊単位でいくらではなくて、毎月いくらという料金方式なのです。
「連載形式で発刊されている漫画を買い求めたい」という人にはニーズがないと言えるサービスです。だけども単行本出版まで待って閲覧すると言う人にとっては、単行本を購入する前に無料漫画で概略をリサーチできるのは、本当にありがたいことだと言えます。
バッグの類を持ち歩くことがないという男の人にとりましては、スマホで無料電子書籍を読むことができるというのは素晴らしいことです。いわばポケットの中に入れて本を持ち歩けるというわけです。





危険水域に入った中国経済(ニューズウィーク日本版e-新書No.10)の概要

                              
作品名 危険水域に入った中国経済(ニューズウィーク日本版e-新書No.10)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
危険水域に入った中国経済(ニューズウィーク日本版e-新書No.10)ジャンル 本・雑誌・コミック
危険水域に入った中国経済(ニューズウィーク日本版e-新書No.10)詳細 危険水域に入った中国経済(ニューズウィーク日本版e-新書No.10)(コチラクリック)
危険水域に入った中国経済(ニューズウィーク日本版e-新書No.10)価格(税込) 270円
獲得Tポイント 危険水域に入った中国経済(ニューズウィーク日本版e-新書No.10)(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ