リラの花と戦争 電子書籍 販売 ブックライブ 試し読み

リラの花と戦争ブックライブ無料試し読み&購入


※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。戸泉米子さんはロシア極東ウラジオストクにあった「浦潮(うらじお)本願寺」の最後の住職の妻で、生涯を日ロ親善に捧げ2009年に96歳で亡くなった。戦後帰国した後ウラジオストクを訪ね歩き本願寺の跡地を見つけた。この「リラの花と戦争」は戸泉さんの自伝。旧ソ連でのスターリン時代の恐怖の粛正や、敗戦直後の日本人捕虜の収容所生活など過酷な体験を生々しく描いた日本人によるスターリン粛正の見聞記は極めて珍しく、シベリア抑留兵士の日常も通訳としての客観的な目を通じて紹介されており、研究者からは貴重なドキュメンタリーとして評価されている。父と慕った伯母の夫のロシア人らが次々と無実の罪で犠牲になっていった現実も伝えている。「リラの花と戦争」は三部構成で、第一章は一九二一(大正十)年、九歳でウラジオストクに渡り、伯母の家で生活しながら大学を卒業。福井出身の西本願寺布教師、戸泉賢龍さんと結婚し、三七(昭和十二)年に強制帰国させられるまで。第二章は、翌三八年に軍属の夫とともに中国・旧満州に渡った後、敗戦を迎え、夫は行方不明になりながらも、子供六人を抱え収容所暮らしを強いられた記録。第三章は、再びウラジオストクの収容所に戻り、四六(昭和二十一)年に帰国するまでが描かれている。収容所では通訳として旧ソ連側と日本兵、日本人の橋渡しとなり、幼子二人を亡くしながらも水や食糧を求めて毎日、難しい交渉に明け暮れた毎日で、犯されて気が狂った日本人少女の悲しいエピソードや引き揚げ帰国を待ちわびる捕虜の様子、収容所内での軍隊的規律の不合理などが克明にしるされている。
続きはコチラから・・・



リラの花と戦争無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪

リラの花と戦争

「公式」はコチラから



リラの花と戦争


>>>リラの花と戦争の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


リラの花と戦争、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
リラの花と戦争を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境でリラの花と戦争を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格でリラの花と戦争の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定でリラの花と戦争が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、リラの花と戦争以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


無料漫画というのは、店舗での立ち読みみたいなものだと捉えることができます。内容がどうなのかをそれなりに把握した上で入手できるので、ユーザーも安心感が増します。
「電子書籍が好きになれない」という愛読家の人も多数いるようですが、1回でもスマホを用いて電子書籍を閲覧すれば、その便利さや決済の楽さから抜け出せなくなる人が大半だそうです。
「家じゃなくても漫画を見ていたい」と言う方にちょうど良いのがBookLive「リラの花と戦争」ではないではないでしょうか?読みたい漫画を携帯するということからも解放されますし、荷物も重たくならずに済みます。
電子書籍ビジネスにはいろんな会社が参入してきているので、絶対に比較してから「どの電子書籍をセレクトするのか?」を決めていただきたいと思います。取り揃えている書籍数やサービス、料金、使い心地などを吟味することが肝要でしょうね。
アニメを見るのが趣味の方にとっては、無料アニメ動画と言いますのはある意味革新的なサービスなのです。スマホを所持してさえいれば、好きな時間に視聴することが可能です。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


電子コミックのサイトにもよりますが、1巻丸々タダで試し読みできるというところもあるのです。1巻を試してみて、「楽しいと感じたなら、続きの巻をお金を支払って買い求めてください」という営業方法です。
漫画離れが嘆かれる昨今、電子書籍は斬新な仕組みを導入することにより、購入者数を飛躍的増加させているのです。革新的な読み放題という利用の仕方がそれを実現させました。
まず試し読みをして漫画の物語を確かめた上で、不安になることなく購入できるというのが、気軽にアクセスできるWeb漫画の長所と言えます。支払いをする前にストーリーを把握できるので失敗することがほとんどないと言えます。
CDをちょっとだけ聞いてから購入するように、漫画も試し読みしてから買うのが当然になってきたという印象です。無料コミックを有効活用して、興味を引かれていたコミックを探し出してみてもいいでしょう。
「比較は一切せずに選択した」というような方は、無料電子書籍はどれもほぼ同じという感覚かもしれないのですが、サービスの中身は提供会社によって異なりますから、比較検証してみる価値は十分あります。





リラの花と戦争の概要

                              
作品名 リラの花と戦争
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
リラの花と戦争ジャンル 本・雑誌・コミック
リラの花と戦争詳細 リラの花と戦争(コチラクリック)
リラの花と戦争価格(税込) 977円
獲得Tポイント リラの花と戦争(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ