日本現代建築ドキュメント 1950-2012 電子書籍 販売 ブックライブ 試し読み

日本現代建築ドキュメント 1950-2012ブックライブ無料試し読み&購入


多数のカラー写真で見せる、戦後ニッポンのモダン建築!「モダニズムに始まり、モダニズムに帰る…」という仮説に基づいた日本建築のヒストリー。 1950年代から2000年代、そして2012年までの、戦後の“モダン”建築を写真やイラストとともに約110の作品を紹介。10年ごとに区切られた各年代の概要や、その時代の代表的な建築家にも焦点を当てる。 以下、主な各時代の代表的な建築家と登場作品。それぞれに住所と解説が付くためガイドブック的な使い方もできる。 1950年代は「前川國男」の時代。 東京日仏会館、最小限住宅、都営宮益坂アパート、世界平和記念聖堂、広島平和記念資料館、晴海高層アパート、四谷コーポラス、東急スカイライン、香川県庁舎、スカイハウス、東京タワー、国立西洋美術館……など。 1960年代は「丹下健三」の時代。 東京文化会館、ビラビアンカ、国際屋内総合競技場、科学特捜隊本部、国立京都国際会館、パレスサイドビルディング、大分県立大分図書館、塔の家、霞ヶ関ビル、代官山ヒルサイドテラス第1期、新宿一番館、二番館……など。 1970年代は「磯崎新」の時代。 大阪万博、積水ハイム M-1、三田綱町パークマンション、ビラ・セレーナ、中銀カプセルタワー、滋賀県文化公園希望が丘「青年の城」、目黒エンペラー、ノアビル、アクアポリス、中野本町の家、渋谷109、名護市庁舎……など。 1980年代は「安藤忠雄」の時代。 つくばセンタービル、有楽町マリオン、シルバーハット、つくば科学万博、スパイラル、ライズ、ヤマトインターナショナル、キリンプラザ大阪、光の教会、アサヒスーパードライホール、東京都葛西臨海水族館、和泉の木戸……など。 1990年代は「伊東豊雄」の時代。 青山製図専門学校1号館、ワタリウム、東京都庁舎、江戸東京博物館、東京デザインセンター、ヒューマックスパビリオン、布屋東京ビル、オウム・サティアン建築群、東京ビッグサイト、東京国際フォーラム、新国立劇場……など。 2000年代~は「妹島和世」の時代。 hh style.com、NTTドコモ代々木ビル、せんだいメディアテーク、ルイ・ヴィトン表参道ビル、プラダブティック青山店、六本木ヒルズ、高過庵、表参道ヒルズ、東京ミッドタウン、根津美術館、東京スカイツリー……など。 他にも、10年ごとに特撮怪獣が登場したり、ポストモダン期の建築・インテリアをモチーフにした小説も掲載されるなどポップな内容。進行役は「ダエンちゃん」というバブル女子のキャラクターが行なう。
続きはコチラから・・・



日本現代建築ドキュメント 1950-2012無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪

日本現代建築ドキュメント 1950-2012

「公式」はコチラから



日本現代建築ドキュメント 1950-2012


>>>日本現代建築ドキュメント 1950-2012の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


日本現代建築ドキュメント 1950-2012、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
日本現代建築ドキュメント 1950-2012を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で日本現代建築ドキュメント 1950-2012を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で日本現代建築ドキュメント 1950-2012の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で日本現代建築ドキュメント 1950-2012が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、日本現代建築ドキュメント 1950-2012以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


本を買い揃えると、いずれ片付ける場所がなくなってしまうという問題が起きてしまいます。だけれどDL形式のBookLive「日本現代建築ドキュメント 1950-2012」であれば、しまい場所に悩むことがなくなるため、何も気にすることなく読むことができます。
電子書籍も一般の書籍同様に情報が商品となりますので、イマイチでも返品は不可能です。ですので中身をチェックするためにも、無料漫画を閲覧する方が賢明です。
注目の無料コミックは、スマホやタブレットで読むことが可能なのです。バスなどでの通勤途中、会社の休憩時間、病院や歯医者などでの順番待ちの時間など、自分の好きなタイミングで手間なしで読めます。
BookLive「日本現代建築ドキュメント 1950-2012」が40代以降の人たちに話題となっているのは、中高生だったころに夢中になった作品を、新しい気持ちで自由に閲覧できるからに違いありません。
アニメの世界に入り込むというのは、リフレッシュするのに凄く役に立つのです。難しい内容よりも、シンプルな無料アニメ動画などが良いでしょう。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


利用者の人数が増えていると言われているのが漫画サイトなのです。スマホで漫画をエンジョイすることが普通にできるので、面倒な思いをして単行本を携行することも不要で、手持ちの荷物を少なくできます。
購入してしまってから「期待したよりもつまらなく感じた」となっても、本は返品などできません。しかし電子書籍ならまず試し読みから入れるので、こうした事態を防ぐことができるのです。
コミックなどの書籍代金は、1冊毎の額で見れば安いと言えますが、何十冊も買えば月々の料金は高額になってしまいます。読み放題を利用すれば固定料金に抑えられるため、出費を抑えることが可能です。
カバンの類を持ち歩くことがないという男の人にとって、スマホで無料電子書籍に熱中できるというのはすごく助かります。荷物の量自体は変わらないというのに、ポケットにインして書籍を持ち歩けるわけです。
漫画マニアの人からすれば、読了した証として収蔵している単行本は大切だということは理解しておりますが、「とにかく読めればいい」という人であれば、スマホで閲覧できる電子コミックの方がいいと思います。





日本現代建築ドキュメント 1950-2012の概要

                              
作品名 日本現代建築ドキュメント 1950-2012
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
日本現代建築ドキュメント 1950-2012ジャンル 本・雑誌・コミック
日本現代建築ドキュメント 1950-2012詳細 日本現代建築ドキュメント 1950-2012(コチラクリック)
日本現代建築ドキュメント 1950-2012価格(税込) 756円
獲得Tポイント 日本現代建築ドキュメント 1950-2012(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ