太平洋大戦争 電子書籍 販売 ブックライブ 試し読み

太平洋大戦争ブックライブ無料試し読み&購入


開戦16年前に書かれた驚異の架空戦記 中国大陸での権益をめぐり、アメリカと対立する日本。両国の水面下では決戦準備が、着々と進められる。 そして一九三一年三月、パナマ運河を航行中の「明石丸」の大爆発を契機に、日米決戦の火蓋は切って落とされる。勢いに乗る日本海軍は、激戦の末、フィリピンを陥落、続いて、グアムをもその手中におさめる。 度重なる失態に突き上げられた米海軍は、かつてない大規模な艦隊を率いて太平洋に出撃。そして、日本の背後に忍び寄る、ソ連の影…。 1925年(大正14年)、つまり実際の太平洋戦争が始まる16年前に執筆された、幻の傑作架空戦記が、ついに登場! この当時では世界最高レベルの軍事知識の持ち主であった著者が、フィクションの形を借りて自身の見解を披露したのが本書である。 山本五十六に真珠湾奇襲のヒントを与えたといわれる“日米未来戦記”……その結末やいかに。●へクター・C・バイウォーター1884年、ロンドン生まれ。幼少時から軍艦マニアで、十歳の時に日清戦争における日本海軍の行動について投稿した論文が専門誌に掲載される。渡米後は『ニューヨーク・ヘラルド』紙の記者となり、第一次大戦中は英国海軍の諜報員として活躍した。訳者:林 信吾(はやし・しんご)1958年、東京生まれ。神奈川大学中退。1983年より10年間、英国に滞在。この間、ジャーナリストとして活動する傍ら、『地球の歩き方・ロンドン編』の企画と執筆に参加。帰国後はフリーで執筆活動に専念している。『青山栄次郎伝 EUの礎を築いた男』(角川書店)、『超入門資本論 マルクスという生き方』(新人物往来社文庫)など、著書多数。『反戦軍事学』(朝日新書)、『イギリス型〈豊かさ〉の真実』(講談社現代新書)などは電子版も配信されている。訳者:清谷信一(きよたに・しんいち)1962年生まれ、東海大学工学部卒。軍事ジャーナリスト、作家。2003~08年まで英国の軍事専門誌『ジェーンズ・ディフェンス・ウィークリー』日本特派員を務める。香港を拠点とするカナダの民間軍事研究機関KanwaInformation Center上級アドバイザー、日本ペンクラブ会員。欧州、中東、南アフリカなど豊富な海外取材とネットワークをベースにした防衛産業の分析には定評がある。著書に、『防衛破綻』(中公新書ラクレ)、『専守防衛』(祥伝社新書)『自衛隊、そして日本の非常識』(河出書房新社)、『弱者のための喧嘩術』(幻冬舎アウトロー文庫)、『こんな自衛隊に誰がした!』(廣済堂)、『不思議の国の自衛隊』(KKベストセラーズ)、『ル・オタク―フランスおたく物語』(講談社文庫)、『軍事を知らずして平和を語るな』(石破 茂氏との共著 KKベストセラーズ)、『アメリカの落日』(日下公人氏との共著 廣済堂)など多数。
続きはコチラから・・・



太平洋大戦争無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪

太平洋大戦争

「公式」はコチラから



太平洋大戦争


>>>太平洋大戦争の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


太平洋大戦争、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
太平洋大戦争を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で太平洋大戦争を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で太平洋大戦争の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で太平洋大戦争が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、太平洋大戦争以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


本のネットショップでは、概ね表紙とタイトルにプラスして、大体の内容しか確かめられません。しかしながらBookLive「太平洋大戦争」を利用すれば、何ページ分かは試し読みで確認できるのです。
一括りに無料コミックと言われましても、取り揃えられているカテゴリーは多岐に及びます。少年向けからアダルトまでありますので、あなた好みの漫画が絶対見つかるでしょう。
とてもたくさんの人が無料アニメ動画の視聴をしているようです。何もやることがない時間とか移動途中の時間などに、素早くスマホで見られるというのは、非常に重宝します。
「あるだけ全部の漫画が読み放題なら良いのになあ・・・」という漫画オタクの要望に応えるべく、「毎月固定の金額を払えば毎回の支払いは不要」という形の電子書籍が生まれたのです。
漫画を買い求めるつもりなら、BookLive「太平洋大戦争」を利用して少し試し読みしてみるべきです。大まかなあらすじや主人公の容姿を、買う前に見ることができます。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


タブレットやスマホの中に読みたい漫画を全部ダウンロードすることにすれば、しまう場所について気を配る必要はなくなるのです。最初は無料コミックから目を通してみることを推奨します。
書籍のネットショップでは、基本的に作者やタイトル以外、あらすじぐらいしか確かめられません。ですが電子コミックサイトの場合は、最初の数ページを試し読みで確認できるのです。
たくさんの人が無料アニメ動画を利用しているようです。何もすることのない時間とかバスとか電車での移動中の時間などに、手間要らずでスマホで見ることができるというのは嬉しい限りです。
「家じゃなくても漫画を楽しみたい」と言う方に重宝される事請け合いなのが電子コミックです。漫画本をバッグに入れておくのが不要になるため、カバンの中身も軽くすることができます。
電子書籍と言う存在は、気付くと買いすぎているということがあるようです。対して読み放題だったらあらかじめ料金が決まっているので、ダウンロードし過ぎても支払金額が高くなるなどということはあり得ないのです。





太平洋大戦争の概要

                              
作品名 太平洋大戦争
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
太平洋大戦争ジャンル 本・雑誌・コミック
太平洋大戦争詳細 太平洋大戦争(コチラクリック)
太平洋大戦争価格(税込) 756円
獲得Tポイント 太平洋大戦争(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ