SILENCER(1) 電子書籍 販売 ブックライブ 試し読み

SILENCER(1)ブックライブ無料試し読み&購入


消音銃(サイレンサー)をこよなく愛する女性刑事・桂木静。彼女の配属先は警視庁の吹き溜まり・生活安全課“分室”。相方となったのは、警視庁随一のクセ者・伊波健也。お互いに足を引っ張り合うという不思議なコンビがここに誕生した。毒をもって毒を制すをポリシーに、彼女の愛銃は今日も静かに火を吹く---
続きはコチラから・・・



SILENCER(1)無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪

SILENCER(1)

「公式」はコチラから



SILENCER(1)


>>>SILENCER(1)の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


SILENCER(1)、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
SILENCER(1)を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境でSILENCER(1)を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格でSILENCER(1)の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定でSILENCER(1)が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、SILENCER(1)以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


次から次に新たなタイトルが追加されるので、毎日読もうとも全部読了してしまうおそれがないというのがコミックサイトなのです。書店では販売されない一昔前の作品も閲覧できます。
電子書籍と言う存在は、気が付いたら支払金額が高くなっているという可能性があります。ところが読み放題プランを利用すれば1ヶ月の利用料金が決まっているので、読み過ぎても利用料金が高額になることは皆無です。
BookLive「SILENCER(1)」がアラフォー世代に支持されているのは、10代の頃に楽しんだ漫画を、新しい気持ちでサクッと鑑賞できるからだと言えるでしょう。
「所有している漫画が多過ぎて困っているから、買うのを辞めてしまう」という事態に陥らないのが、BookLive「SILENCER(1)」が人気になっている理由なのです。何冊買っても、保管のことを検討する必要はありません。
無料コミックは、パソコンがあれば楽しむことができます。通勤中、仕事の合間、病院やクリニックなどでの順番待ちの時間など、何もすることがない時間に気負わずに楽しむことができます。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


空き時間を埋めるのに丁度いいサイトとして、人気を博しているのが漫画サイトだと聞いています。わざわざ本屋でどれにしようかと漫画を探す必要もなく、1台のスマホがあれば繰り返し読めるというのが強みです。
スマホ一台の中に漫画を丸々収めれば、しまう場所を気にする必要はなくなるのです。何はともあれ無料コミックから閲覧してみた方が良いと思います。
「自室にストックしておきたくない」、「読んでいるんだということを秘匿しておきたい」ような漫画でも、漫画サイトを利用すれば他所の人に知られることなく見られます。
大体の本屋では、売り物の漫画を立ち読みできないように、シュリンクをかけるのが普通です。電子コミックを有効利用すれば試し読みができることになっているので、絵柄や話などを吟味してから買うか判断できます。
電子書籍の注目度は、ますます高くなってきているようです。そんな中で、利用者が増加しつつあるのが読み放題というサービスなんだそうです。料金を気にしなくても大丈夫なのが支持されている大きな要因です。





SILENCER(1)の概要

                              
作品名 SILENCER(1)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
SILENCER(1)ジャンル 本・雑誌・コミック
SILENCER(1)詳細 SILENCER(1)(コチラクリック)
SILENCER(1)価格(税込) 540円
獲得Tポイント SILENCER(1)(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ