悲しい過去を胸に 電子書籍 販売 ブックライブ 試し読み

悲しい過去を胸にブックライブ無料試し読み&購入


往年の大女優フィオナの伝記執筆のため、大富豪キンロス家に滞在したレベッカ。しかし取材は一向に進まない。なぜならフィオナの弟で一族の当主スチュアートが激しくアプローチしてくるから。レベッカは彼にも財産にも興味がないのに、周囲に金目当ての女と誤解され、スチュアートの息子ブロッドなどはむき出しの敵意をぶつけてくる。この父と息子の間には古くからの確執があるようだ。けれどレベッカはブロッドの瞳に揺らめく欲望の炎に、抗えない魅力を感じていた!
続きはコチラから・・・



悲しい過去を胸に無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪

悲しい過去を胸に

「公式」はコチラから



悲しい過去を胸に


>>>悲しい過去を胸にの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


悲しい過去を胸に、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
悲しい過去を胸にを始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で悲しい過去を胸にを楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で悲しい過去を胸にの購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で悲しい過去を胸にが安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、悲しい過去を胸に以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


懐かしいコミックなど、お店では取り寄せしてもらわないと買い求めることができない本も、BookLive「悲しい過去を胸に」という形で多く取り扱われているので、いつでも入手して閲覧可能です。
電車に乗っている時も漫画に触れていたいと欲する人にとって、BookLive「悲しい過去を胸に」ほど役立つものはないと言えます。1台のスマホを持ち歩くだけで、余裕で漫画をエンジョイできます。
スマホ経由で電子書籍を入手すれば、職場までの移動中やコーヒータイムなど、好きなタイミングで楽しめるのです。立ち読みもできるシステムとなっていますから、店頭まで足を運ぶまでもないのです。
「ここにあるすべての本が読み放題だったら、こんなに凄いことはない」という漫画好きの声に応える形で、「月に決まった額を払えば個別料金は発生しない」というスタイルの電子書籍が登場したのです。
ショップでは、スペースの関係で陳列することが可能な書籍数が制限されてしまいますが、BookLive「悲しい過去を胸に」の場合はそういった問題が起こらないので、あまり一般的ではない作品も扱えるのです。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


定常的に本をたくさん読むという人からしますと、月額料金を払えば満足するまで読み放題という形でエンジョイできるというユーザーからの評価も高いシステムは、まさに革新的だという印象でしょう。
1ヶ月分の料金を納めることで、様々な種類の書籍を心置きなく読めるという読み放題コースが電子書籍で人気となっています。一冊単位で購入せずに済むのが最大のメリットです。
読むべきかどうか悩む作品がありましたら、電子コミックのサイトでお金のかからない試し読みを活用するのが賢い方法です。読んでみて今一つと思ったら、買う必要はないのです。
コミックと言うと、若者の物というふうに思い込んでいるかもしれません。ですが近年の電子コミックには、40代以降の方が「子供の頃を思い出す」と思ってもらえるような作品も多くあります。
本を購読する前には、電子コミックサービスで軽く試し読みをする方が良いでしょう。大まかなあらすじや登場するキャラクター達のビジュアルを、購入するより先に見れるので安心です。





悲しい過去を胸にの概要

                              
作品名 悲しい過去を胸に
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
悲しい過去を胸にジャンル 本・雑誌・コミック
悲しい過去を胸に詳細 悲しい過去を胸に(コチラクリック)
悲しい過去を胸に価格(税込) 540円
獲得Tポイント 悲しい過去を胸に(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ