日本人の論語(下) 『童子問』を読む 電子書籍 販売 ブックライブ 試し読み

日本人の論語(下) 『童子問』を読むブックライブ無料試し読み&購入


伊藤仁斎は、儒学を支那(チャイナ)から取り寄せた輸入学ではなく、日本人のための人間学に転換させた最初の人物である。仁斎が著した『童子問』には、わが国の儒学の独創性が随所にちりばめられている。本書は、その『童子問』を現代語に訳し、さらに要諦を解説した一大労作。下巻では、<巻の中・第二十一章>以降を収録する。君主の人徳、倹約の心得、賞罰の判断はいかにあるべきかを唱える。例えば、次のような訓戒が並んでいる。「生まれた時代が悪いと嘆く者は仁者ではない」「文が武より上であれば、王の地位は安泰である」「師の道とは、人材を育てあげる努力である」「反省は自らを磨く砥石である」「自力で手に入れた智恵は、一生の財産になる」「学問を極めた人は相手を非難しない」「智者は無理をせず、自然の流れに従う」等々。人の世を処する智恵について、三百年後の現代人にも多くの示唆を与える。我が国独自の儒学について、古典の碩学があまさず語る。
続きはコチラから・・・



日本人の論語(下) 『童子問』を読む無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪

日本人の論語(下) 『童子問』を読む

「公式」はコチラから



日本人の論語(下) 『童子問』を読む


>>>日本人の論語(下) 『童子問』を読むの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


日本人の論語(下) 『童子問』を読む、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
日本人の論語(下) 『童子問』を読むを始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で日本人の論語(下) 『童子問』を読むを楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で日本人の論語(下) 『童子問』を読むの購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で日本人の論語(下) 『童子問』を読むが安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、日本人の論語(下) 『童子問』を読む以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


スマホを操作して電子書籍を買えば、バスや電車での通勤中や仕事の合間の一服タイムなど、場所に縛られることなくエンジョイできます。立ち読みもできるため、本屋に立ち寄るまでもないのです。
近頃はスマホを介して楽しむことができるアプリも、一層多様化が進んでいると言っていいでしょう。無料アニメ動画を始め、無料電子書籍やスマホ限定ゲームなど、複数のコンテンツの中から選べます。
コンスタントに新タイトルが追加されるので、いくら読んでも読みつくしてしまう心配は無用というのがコミックサイトの売りです。書店では販売されないマニアックなタイトルも購入できます。
毎月の本代は、1冊ずつの代金で見ればそれほど高額ではありませんが、たくさん買ってしまうと、月単位の合計金額はかなり膨らむことになります。読み放題を活用すれば固定料金に抑えられるため、書籍代を抑えられます。
本離れが製作者の頭痛の種ですが、電子書籍は画期的な仕組みを採用することで、新規利用者を着実に増やしています。斬新な読み放題という形式がそれを成し得たのです。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


「外でも漫画をエンジョイしたい」などと言う人に好都合なのが電子コミックだと思います。荷物になる書籍を鞄に入れて歩くことが不要になり、バッグの中身も重くなりません。
講読者数の伸び悩みがよく言われる中、電子書籍は今までとは違う仕組みを導入することにより、新規利用者をどんどん増やしています。今までになかった読み放題というサービスがそれを実現させました。
漫画があって当然の生活を秘匿しておきたいと言う方が、昨今増えていると言われています。部屋の中に漫画を持ち込みたくないという事情を抱えていたとしても、漫画サイトの中だけであれば他の人に内緒で漫画を読むことができます。
利益に直結しない無料漫画を敢えて並べることで、サイト訪問者を増やし利益に結び付けるのが事業者にとっての目論みですが、一方のユーザー側からしても試し読みができるので、躊躇なく購入できます。
カバンの類を持ちたくない男の人にとりましては、スマホで無料電子書籍を満喫できるというのはありがたいことなのです。言うなれば、ポケットにインして本を持ち歩くことができるというわけです。





日本人の論語(下) 『童子問』を読むの概要

                              
作品名 日本人の論語(下) 『童子問』を読む
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
日本人の論語(下) 『童子問』を読むジャンル 本・雑誌・コミック
日本人の論語(下) 『童子問』を読む詳細 日本人の論語(下) 『童子問』を読む(コチラクリック)
日本人の論語(下) 『童子問』を読む価格(税込) 730円
獲得Tポイント 日本人の論語(下) 『童子問』を読む(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ