日本人の論語(上) 『童子問』を読む 電子書籍 販売 ブックライブ 試し読み

日本人の論語(上) 『童子問』を読むブックライブ無料試し読み&購入


江戸初期の儒学者、伊藤仁斎は、学問とは知識の競い合いではなく、人間性の修練であると唱えた。そして、『論語』『孟子』の精髄を読み抜き、日本人の感性に即した儒学を、師と弟子の問答形式を用いて叙述した。それが『童子問』である。本書は、全百八十九章から成る『童子問』を現代人が読みこなせる言葉に訳し、さらに要諦を解説する。仁斎は儒学を支那から取り寄せ、そのままを暗唱するのではなく、儒学の真髄を把握したいと考えた。儒学の目的は人間の生きるべき道を深く学び、それを実践する強い意志であることを悟り、これこそが、本来の学問であるという信念を持った。仁斎の出現により儒学は輸入学ではなく、日本人が人生の生き方を社会生活の中で、工夫する手立てとなったのである。仁・義・礼・智とは何か。人間関係の心得とは何か。人生における永遠のテーマを、親しみと温かみをこめて、諄々と説く。古典の碩学が、老若男女すべてに贈る、普遍の人間学。
続きはコチラから・・・



日本人の論語(上) 『童子問』を読む無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪

日本人の論語(上) 『童子問』を読む

「公式」はコチラから



日本人の論語(上) 『童子問』を読む


>>>日本人の論語(上) 『童子問』を読むの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


日本人の論語(上) 『童子問』を読む、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
日本人の論語(上) 『童子問』を読むを始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で日本人の論語(上) 『童子問』を読むを楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で日本人の論語(上) 『童子問』を読むの購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で日本人の論語(上) 『童子問』を読むが安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、日本人の論語(上) 『童子問』を読む以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


コミックは、本屋で中を確認して買うかを決定するようにしている人が多いです。ところが、ここ数年はBookLive「日本人の論語(上) 『童子問』を読む」を利用して簡単に内容を確認して、その本について買う・買わないを決める方が増えているようです。
スマホやパソコンを使い電子書籍を買い求めれば、通勤途中やお昼の時間など、いつでもどこでも楽しめます。立ち読みも可能ですから、ショップまで行く手間が省けます。
「比較するまでもなく決定してしまった」といった方は、無料電子書籍はどれもほとんど似ているという感覚でいるのかもしれないですが、サービスの詳細な中身については会社によって違いますから、比較・検討してみることは重要です。
ユーザーが速いペースで増加しつつあるのがコミックサイトです。以前であれば絶対単行本で買うという人がほとんどを占めていましたが、求めやすい電子書籍として買って閲覧するというユーザーが増えているのです。
BookLive「日本人の論語(上) 『童子問』を読む」を活用すれば、自分の家に保管場所を用意する必要は全くなくなります。欲しい本が発売になるたびにお店に通う必要もありません。こうした背景から、サイトを利用する人が増えているようです。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


電子書籍も小説や漫画と同様に情報が商品なので、自分に合わなくても返品は不可能です。ですから内容をチェックするためにも、無料漫画を読むようにした方が良いと思います。
残業が多くアニメを見る時間を確保することができないという方にとっては、無料アニメ動画が好都合です。毎回確定された時間に視聴するなどということはしなくていいので、暇な時間を使って楽しむことができます。
月額の料金が一定のサイト、登録しなくても見れるサイト、1巻・2巻と単品で支払うタイプのサイト無料にて読むことができる作品が多くあるサイトなど、コミックサイトもいろいろと違いが見られますから、比較した方が良いでしょう。
手軽にDLして読むことができるというのが、無料電子書籍の強みです。書店まで行く必要も、ネットで買い求めた書籍を届けてもらう必要もないのです。
「電子書籍には興味をそそられない」という方もいるのは確かですが、1回でもスマホにて電子書籍を読めば、その便利さや購入のシンプルさからどっぷりハマる人が多く見られます。





日本人の論語(上) 『童子問』を読むの概要

                              
作品名 日本人の論語(上) 『童子問』を読む
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
日本人の論語(上) 『童子問』を読むジャンル 本・雑誌・コミック
日本人の論語(上) 『童子問』を読む詳細 日本人の論語(上) 『童子問』を読む(コチラクリック)
日本人の論語(上) 『童子問』を読む価格(税込) 730円
獲得Tポイント 日本人の論語(上) 『童子問』を読む(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ